一般社団法人日本ラテンアメリカカリブ振興協会(以下、同協会)は、文化・教育・商業・観光・その他の分野において、日本とラテンアメリカ、カリブ海の諸国間の交流促進及び拡大を目指す人たちによって、2020年3月16日に創設されました。日本とラテンアメリカ・カリブ海の諸国における国際関係は、ここ数十年で発展してきてはいますが、欧州や米国との関係と比較すると、まだまだ交流が少ない現状にあります。現状、日本において、日本とラテンアメリカ・カリブ海の諸国の人々の交流促進に従事する機関や団体は多くありません。また、LACの文化を作る要素である製品、食品、音楽、ダンス、スポーツ、およびアートなどを日本人に知ってもらう場となる、毎年数日に渡って開催されるようなラテンアメリカ・カリブ海フェスティバルなども、まだ存在していません。上記を鑑み、同協会は、両地域間の文化交流を目指した架け橋としての役割を担っていきたいと考えています。

 

定款・会員制度

下記に述べる定款は、一般社団法人日本ラテンアメリカカリブ振興協会(以下、同協会)の会員の考えと行動の礎となるものです。従って、同協会の会員希望者は、下記を忠実に遂行し、他の会員との良好で持続性のある関係の構築に努めることが求められます。なお、当定款のいくつかの項目は、パナソニック創業者・松下幸之助の経営理念より影響を受けたものです。

 

ミッション・役割

同協会は、よりよい日本とラテンアメリカ・カリブ海諸国の実現を可能とする協力モデルを発展させるべく、両地域に関わる人々をつなぐことを目的としています。その協力モデルでは、各会員の努力価値を評価し、見合った報酬をしています。また、両地域における人々の精神及び物質面での豊かさを増大させ、各人が品位と威厳ある人生の恩恵に与れるよう努めます。

 

ビジョン

会員の活動を通じ同協会は、両地域のよい考え方、善行や習慣などを互いに取り入れることで、日本とラテンアメリカ・カリブ海諸国の人々の生活の向上に努めます。その目標遂行のため、 同協会会員は常に良い行いをこころがけ、日本とラテンアメリカ・カリブ海地域の向上的なイノベーションを牽引します。

 

目的

ヒト、学術、文化、観光、商業、その他諸分野の交流を通じて、日本とラテンアメリカ・カリブ海諸国の関係を深めます。

会員の生活を精神及び物質の面で向上させるための協力モデルを構築します。

ラテンアメリカ・カリブ海諸国に関心を持つ日本人のネットワークの拡大を目指します。

毎年ラテンアメリカ・カリブ海フェスティバルを開催し、日本においてラテンアメリカ・カリブ海諸国文化を存在を高めます。

ラテンアメリカ・カリブ海諸国に関連する団体や文化イベントを支援します。

 

活動

同協会はその目標達成のため下記の活動を実施するものとする。

 

組織体制

同協会の健全な管理を遂行すべく、会長及び理事により構成される取締役会を設立する。

組織体制

 

協会概要

名称 一般社団法人ラテンアメリカカリブ振興協会 “JAPOLAC”
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地4丁目12-2
ライオンズマンション東銀座 806号室
電話 +81 03-6264-3858 (日本語)
+81 03-6264-3859 ( スペイン語と英語)
メール info@japolac.com
設立 2020 年03 月16 日

 

理事

名誉理事
木村清
代表理事
リッテル・ディアス
理事
アジョイ・プラサド・シンハ・ロイ
理事
インクラン・セルジオ
理事
山口浩一
理事
ゴンザレス・リカルド
理事
ニール・バトラー